プロミスで借りるならネットか契約機かどちらが良いか

プロミスで借りるならネットか契約機かどちらが良いか

プロミスで早くに借りるためには

最短即日融資に対応するプロミスのキャッシングを、より早くに利用するためにはどのような手続きが良いのでしょうか。申し込みは手軽なネットで行うのは基本として、ネット審査通過後の手続きはそのままネット上で行うべきか、または近くにある契約機を使うかは迷うところです。

 

どちらも一長一短であり、それぞれのメリットとデメリットがありますので、どちらの方法でプロミスと契約をするかをよく考えてみると良いでしょう。借り方や借り入れまでの希望時間によっても手続きが変わるので、急ぎの方は特に気にしておくべきです。

 

 

とにかく早くに借りたいなら契約機

平日でも週末の土日でも対応をするプロミスの契約機なら、とにかく早くに借りたい方にとって安心の手続きとなります。契約機の多くは22時ほどまで開いているので、ネットで予め審査を終えておくと、夜でも当日中にカードの受け取りも可能となります。

 

例えば、午前中の空いた時間にスマートフォンから申し込みを行い、審査結果の連絡をメールや電話で受け取っておきます。審査に無事に通過できたのであれば、仕事帰りにでも近くにあるプロミスの契約機まで行くと、その場でカードが受け取れるのです。

 

平日だけと思われがちなプロミスの即日融資ですが、ネット審査を受けた後の契約機の利用なら土日でも夕方でも夜でも対応が出来ますので、すぐに借りたい方は契約機を使うと良いでしょう。契約機の場所や営業時間、手続きの内容は横浜プロミスで最短即日融資を参考にチェックをしておきましょう。

 

ネットで借りる大きなメリット

プロミスの手続きをWebで進めるキャッシング契約なら、来店不要で借りられる大きなメリットがあります。契約機まで行く手間や周りからの目を気にせずに借りられるため、より手軽に安心してキャッシングの利用が出来ます。

 

平日の14時までにWeb契約を完了させれば最短即日での振り込みも可能となり、すぐに借りたい方も時間や曜日の条件さえ満たせれば、何とか対応は可能です。ただ、時間を過ぎてしまったり曜日が銀行の休業日となっていると翌営業日扱いとなりますので、その点だけは注意が必要です。

 

カードローンの申込に必要なもの

カードローンは、個人向けに作られた無担保融資のことです。自動車ローンや家のローンといったいわゆる「目的ローン」と違い、資金の用途が自由な「フリーローン」と言われています。

 

カードローンは個人信用が第一であり、融資の際にはきちんとした審査が必要です。厳密な年齢制限はありませんが、原則として定職についており安定した収入があれば申し込みができます。学生や主婦でもアルバイト・パートで収入を得ていればOKです。

 

実際にカードローンの審査を受ける場合、必要な書類は免許証・健康保険証・パスポートなどの本人確認書類、そして、所得証明書や納税証明書など、収入を証明する書類です。この二つの書類を持参して、窓口や契約機、またはネット上で申し込みを行います。

 

カードローンの申し込みは信用情報を照会することから始まります。クレジットカードの申込実績や利用中のローン情報などを信用情報機関に問い合わせて照会し、申込者が信用にあたいする人物かどうかを審査します。

 

ここで総量規制(年収の3分の1以上借り入れがある)の対象になっている場合や、延滞の履歴があったりすると、信用するに足りえないとみなされ審査が通らない事があります。信用情報に問題がなければそのまま審査は進むので、申し込みの際には過去の金融履歴を振り返り、まとめておく事が推奨されます。

 

どこでもほぼ共通の申し込み

プロミスに限らず、他の銀行のカードローンでも、申し込み時の必要書類や条件、手続きの内容に大差はありません。より低金利で借りられると評判のオリックス銀行カードローン審査基準でも、やはり信用情報を中心とした審査となるので、問題があると借りられないのです。

 

無駄な申し込みとならないよう、上記の最低限の内容をしっかりと見ておき、素早い借り入れのための申し込みを進めるようにして下さい。

サイトマップ